「YFAアクションプラン」の策定

特定非営利活動法人
山形県サッカー協会
会長 桂木 公平

YFAアクションプラン

NPO法人山形県サッカー協会は「JFA2005宣言」を受け、この宣言に独自の視点を加え、山形県におけるサッカーの発展振興の考え方をまとめた「YFAアクションプラン2009」を策定しました。
山形県サッカー協会は、1947年(昭和22年)に山形県蹴球協会として発足し、2005年には任意団体から特定非営利活動法人(通称NPO法人)となり 現在に至っています。この間、県協会の下部組織として地区協会(米沢、長井、山形、新庄、鶴岡、酒田)が組織され、キッズ、スポーツ少年団や中高生のサッ カー技術の向上、社会人、シニア、女子やフットサルチームの拡大を推進し、これまで多くの全国大会や国際試合を開催しサッカー競技の普及、発展を図ってき ました。
また、1999年にモンテディオ山形がJ2リーグに参戦し2009年には念願のJ1に昇格し、「地域に密着したクラブづくり」の理念のもと全国で活躍しているところです。
こ れまで、サッカー人口は順調に増加し、サッカーに対する理解も県民の中に定着ししつつありますが、近年の少子化に伴う登録人口の減少をはじめとして様々な 課題が顕在化してきています。このような現状から、山形県サッカー協会は将来に向けた理念とビジョンを明確にし、目標達成時期を設定した「YFAアクショ ンプラン2009」として行動指針を策定しました。
県内サッカー関係者の皆様には「YFAアクションプラン2009」を御一読いただき、理念を共有しながら本県サッカーの振興、ひいてはスポーツ界全体の振興に尽力されるよう期待するものであります。

平成21年7月

YFAアクションプラン 2009(目次)

YFAの理念とビジョン
YFAアクションプラン
YFA及びサッカーファミリーの約束
組織の約束

  1. 山形県サッカー協会
  2. 各地区サッカー協会
  3. 各種委員会
  4. サッカーファミリー

 

スポーツ環境の約束

  1. フットボールセンター 
  2. グランド及び芝生化
  3. ナイター照明
  4. 競技場
  5. 体育館

 

選手の約束

  1. サッカークラブ
  2. リーグ戦とカップ戦
  3. トレーニングセンター活動
  4. 心と体
  5. モンテディオ山形と日本代表

 

選手を支える関係者の約束

  1. 指導者
  2. 審判員
  3. ドクター等
  4. 家族及びサポーター

 

社会貢献と国際交流

  1. 社会貢献
  2. 国際交流
モンテディオ山形オフィシャルサイト
モンテディオ山形ホームゲーム告知チラシダウンロード
山形県出身者所属チーム
ベガルタ仙台
菅井直樹
鈴木あぐり
鹿島アントラーズ
土居聖真
ベガルタ仙台
渡部博文
愛媛FC
神谷優太
横浜FC
似鳥康太
 

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る